ギフトに大人気の中川政七商店かや織ふきんがおすすめ!

こんにちはHammy'sです!

あつい夏の夜、蚊などの夜虫を避けるために使われていた「蚊帳」。今ではエアコンが普及し、すっかり一般家庭からは姿を消してしまいました。

その蚊帳を5枚重ねにした中川政七商店「かや織ふきん」についてご紹介します。

中川政七商店「かや織ふきん」の特徴

「日本の工芸を元気にする」をコンセプトにしている中川政七商店の商品は、本当に素敵なモノが多く、ご自宅ようにもギフトにもとても人気のブランドです。

よく吸ってすぐ乾く、かや織ふきん

すぐ乾く中川政七商店のかや織ふきん

奈良県の特産品「蚊帳生地」をエアー織り機で織っています。「風は通すが蚊は通さない」という蚊帳(かや)に使われる目の粗い薄織物を使った綿100%ふきんです。

その素材を生かした大きな特徴は「よく吸って、すぐ乾く」ことです。

ふきんは毎日食器拭きとして使う、洗い場の必需品です。大切なのは「速乾性」。お皿をたくさん拭いて濡れても、すぐに乾きます。

また、大きなお皿もしっかり拭ける「サイズ感」と「吸水力」もポイントです。

手入れが楽で長持ちふきん

意外に簡単につかえるかや織ふきん

手洗い、洗濯乾燥機洗い問わず、極端に変形することが少ないです。(洗濯機を使うときはネット推奨です)

日常使いをするふきんですので、こちらは外せません。

また、かや織ふきんは、蚊帳生地5枚重ねで縫い合わせています。使うほどに柔らかくなり、吸水性に優れ丈夫で長く使うことが出来ます。

コスパ◎でほんの気持ちのギフトに最適

中川政七商店の北海道限定かや織ふきん

もちろん高級品に上限はありませんが、普段の暮らしには難しいし、そもそもそこまで高価なふきんを必要としていません。

ある程度の長持ちが手頃な価格で手に入ります。

そのため、「ほんの気持ち」としてプレゼントするときには最適な製品です!デザインも可愛いし、もらって嬉しくない人はいませんね!

大阪で染めた美しいデザイン

染めが美しいかや織ふきん

大阪の染物屋さんで染めています。蚊帳生地は、薄手で目が粗いため非常にゆがみやすい生地です。

また細かい柄は染料だとぼやけてしまうので、かや織ふきんには、小さな柄も綺麗に表現するために顔料を使って染めています。

顔料ははっきりと柄が表現出来るうえに、発色も良く色落ちもしにくいです!

丁寧で正確な縫製

蚊帳生地は柔らかくてゆがみやすい為、縫製もやはり難しいため、縫製の前に糊付けという工程があります。

5枚重ねを綺麗に縫製するために考えられた、ものづくりの知恵なのです。

糊付けされても地の目が真っすぐになっていない為、真っすぐ美しく仕上げるためには縫製にも高度な技術がいります。

逆に、安物ふきんの代表で、100均のレーヨン素材のふきんがあります。レーヨンは原材料は自然にある木(パルプ)なので土に還りますが、作る時に化学的な薬品を使うので化学繊維に入ります。

レーヨンは水に弱く水を含んだだけでも縮みやすい素材であり、熱や摩擦にも弱いです。洗濯乾燥機で洗ってチリチリと縮んでしまうのは避けたいものですね。

まとめ

中川政七商店のかや織ふきんは、日本の職人さんならではのきっちりした作業で作られています。デザインも、キッチンに溶け込むシンプルなデザインで、プレゼントにも安心な商品です。

ご自宅用に、ギフトに、中川政七商店「かや織ふきん」を是非、お手にとって下さいませ。

>中川政七商店のかや織ふきん一覧